多田国際社会保険労務士事務所
アクセスマップ
お問い合わせ 03-5759-6340
企業におけるワークライフバランス制度構築をサポートする
ワークライフバランス研究所とは
HOME > ワークライフバランス研究所とは > ワークライフバランス施策を導入するにあたって

ワークライフバランス施策を導入するにあたって

ワークライフバランス憲章(内閣府)とは

仕事と生活の調和が実現した社会とは、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」である。
2007年(平成19年)に関係閣僚、経済界・労働界・地方公共団体の代表等からなる「官民トップ会議」において、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」・「仕事と生活の調和推進のための行動指針(10年後の数値目標)」を策定しました。

仕事と生活の調和が実現した会社を創る為にも、最初に始めるべき3つのカテゴリーがあります。

恒常的な長時間労働をなくすこと
具体的には、生産性で稼ぐ仕組み、業務の見える化、長時間労働抑制策
多様な働き方を提供する
具体的には、労働時間制度、限定社員制度、
両立支援制度
効率的な働き方が出来る人材育成
具体的には、ノー残業デーの活用、イーラーニング等教育機関の活用、キャリアコンサルティング活用

現実的に考えると、現時点でやるべきことは、この3つのカテゴリーに分類されます。
1つだけ実施しても効果はなく、この3つの施策をはじめ、さらに定着させる必要があります。今日、明日で成果が出るものではないため「すぐに」スタートすべきです。


ワークライフバランス研究所とは

多田国際社会保険労務士事務所
ワークライフバランス研究所の創設目的
女性管理職30%目標の本質 企業としてワークライフバランスに
取り組む理由は?
諸外国のダイバーシティ制度は? ワークライフバランス制度において
なぜ社労士が選ばれるのか?
ワークライフバランス施策を
導入するにあたって
〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階
アクセスマップ
メールフォームからのご相談はこちら