多田国際社会保険労務士事務所
アクセスマップ
お問い合わせ 03-5759-6340
企業におけるワークライフバランス制度構築をサポートする
業務内容
HOME > 業務内容 > ワークライフバランス労務相談顧問 > 男女雇用機会均等法に関するQ&A

男女雇用機会均等法に関するQ&A

2-1 採用面接に際して、女性に出産後も継続して働き続けるかを聞くのはOKでしょうか?

2-1

採用選考において、能力及び資質の有無を判断する場合に、その方法や基準について男女で異なる取扱いをすることは認められていません。
また男女間で異なる採用試験を実施すること、合格基準を男女で異なるものとする事も均等法では、禁止されています。
つまり、女性のみに聞く質問や男性のみに聞く質問等があること自体が均等法違反となります。

均等法では、募集・採用について性別を理由とする差別を禁止しています。
上記の例以外にも、次のようなことが均等法違反となります。
 ① 募集又は採用に当たって、その対象から男女のいずれかを排除すること
 ② 募集又は採用にあたっての条件を男女で異なるものとすること
 ③ 採用選考において、能力や資質の有無等を判断する場合に、その方法や基準について男女で異なる取り扱いをすること
 ④ 募集又は採用に当たって、男女のいずれかを優先すること
 ⑤ 求人の内容の説明等募集又は採用に係る情報の提供について、男女で異なる取り扱いをすること

根拠条文 男女雇用機会均等法第5条 (性別を理由とする差別の禁止)

[第5条] 事業主は、労働者の募集及び採用について、その性別に関わりなく均等な機会を与えなければならない。



業務内容 - ワークライフバランス労務相談顧問

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階
アクセスマップ
メールフォームからのご相談はこちら