多田国際社会保険労務士事務所
アクセスマップ
お問い合わせ 03-5759-6340
企業におけるワークライフバランス制度構築をサポートする
業務内容
HOME > 業務内容 > 出産制度、育児休業ハンドブック(従業員用)作成サポート > 産前産後の公的な給付、手続きの案内

産前産後の公的な給付、手続きの案内

お子様一人出産するのにかかる費用は、東京で50万円〜80万円と言われており、出産される方にとっては、大きな負担になります。
また、出産後すぐに働くこともできないため、収入もなく経済的に厳しい状況になります。
そのため、出産される方の出産補助として「出産一時金」、産前産後の所得保障の一環として「出産手当金」、産前産後の経済的負担の緩和として「産前産後保険料免除」の制度が用意されています。
出産に関する給付金は、一度に給付される額が高額なため、申請漏れがないよう注意する必要があります。
いつの時点で申請すればよいのか、申請の際の必要書類等を事前に確認しましょう。


業務内容 - 出産制度、育児休業ハンドブック(従業員用)作成サポート

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階
アクセスマップ
メールフォームからのご相談はこちら